資格研修講座サービス

組合員や地域の市民に向けたさまざまな講座や研修を行っています。

 介護福祉士受験支援講座、介護職員初任者研修、福祉有償運送運転者講習・セダン等運転者講習を実施しています。
 また、ガイドヘルパー養成研修講座(全身性障害者)、同行援護従事者研修講座(一般課程)を2月・3月に予定しています。

利用案内

■問い合わせ先 福祉クラブ生協 本部  電話045−547−1400

2017年度 開催講座案内

2017年度介護職員初任者研修を開催します

福祉クラブ生協主催 2017年度「介護福祉士受験支援講座」を開催します

2017年度「介護福祉士実務者研修」受講生を募集します
(定員に達し募集終了)


2017年度介護職員初任者研修を開催します

1. 主催

福祉クラブ生活協同組合(法人格:消費生活協同組合)福祉クラブ生協の概要へ
  住所 223−0057
神奈川県横浜市港北区新羽町868
電話:045−547−1400 FAX:045−5471414
     代表者名 村上芳子理事長 児玉英憲専務理事
     研修担当理事 村上芳子理事長

 

2. 研修機関情報

1)事業所
福祉クラブ生協「きらり港北」
住所 223−0057
神奈川県横浜市港北区新羽町868

2)理念
 福祉クラブ生活協同組合では、これまでに18回に渡って家事介護講座を開催してきました。この講座の特徴は組合員が持っている生活技術を生かして、介護の心得を取得することにあり、当講座の実績を踏まえ、「訪問介護員3級課程養成研修講座」を平成8年に新設しました。平成8年度〜平成15年度に312名が全課程を修了し、地域で活動しています。
さらに平成12年には、「訪問介護員2級課程養成講座」を開催しました。平成12年度〜平成24年度に565名が全課程を修了しました。平成25年度からは介護職員初任者研修となり、25〜28年度で62名が全課程を修了しています。
さらに、平成19年度からは、「介護職員基礎研修養成講座」を開催し、19年度〜平成24年度に46名が全課程を修了ました。
この講座の主な目的は、在宅介護支援のニーズの多様化への対応、一つ一つのサービス内容の充実、さらにマンパワーの質的充実が求められることにあります。特に介護保険制度の訪問介護員として利用者のニーズに対応するためには、高い介護技術と同時に高い見識及び倫理性が求められる時代となっていると考え開催してきました。
また、平成16年度より移動介助のケアニーズが高まり、障害者を理解する為に、ガイドヘルパー養成研修講座(視覚障害者・全身性障害者)を開催してきました。視覚障害者研修講座は、平成16年度〜平成23年度に124名が全課程を修了しました。全身性障害者研修講座は、平成16年度〜平成28年度に219名が全課程を修了しました。同行援護従事者研修は、平成24〜28年度に102名が全課程を修了しました。
 これらの講座を受講し、公的資格を取得した人が地域の中でリーダーとして、より大勢の人に介護技術を伝える役割を担えることができると確信しています。
<目的>
 高齢者の増大と多様化するニーズに対応した適切な訪問介護サービスを提供するために必要な知識・技術を有する訪問介護員の養成を図る。

3)学則

(1)欠席者の取り扱い(遅刻・早退の扱い含む)補講の取り扱い(実施方法及び費用等)理由の如何にかかわらず、5分以上の遅刻・早退は欠席とする。
研修の一部を欠席した者で、やむを得ない事情があると認められる者については、補講を行う。
・当生協か他の事業者の同一科目の補講を受ける。
補講は座学1科目、1日3,000円、生活支援技術、75時間30,000円を受講者負担とする。

(2)解約条件及び返金の有無
・受講者からのキャンセル
 開講日の2週間前は無料
    開講日の1週間前は6,480円(テキスト代)
    開講後の退校はキャンセル料無
・当組合からのキャンセル
授業態度不良等による退校処分の場合は、6,480円+残りの受講日(1日当たり2,500円で換算)にかかる受講料

(3)受講者の個人情報の取り扱い
受講者の個人情報については、福祉クラブ生協の個人情報保護基本方針に基づいて対応する。
なお、修了者名簿は介護保険法施行令第3条第2項第2号イの規定により県に提出する。

(4)退校処分の取扱い
 研修の秩序を乱し、他の受講生の授業の妨げる行為を繰り返したものは退校処分とする。

3. 研修の概要

1)対象者
福祉クラブ組合員。福祉クラブ組合員・生活クラブ運動グループ会員でかつW.Coとして活動しているもの。
※W.Co(ワーカーズコレクティブ)とは=自分達の住む地域を中心に、自らが利用者になる事も想定し、身近で利用しやすいサービスを提供する「非営利・協同の市民事業」です。地域ニーズに合わせ、家事介護サービスを始め、施設、食事、移動、保育、健康支援等、多種多様な生活支援サービスを次々に生み出してきました。公的介護保険事業や行政委託事業も行っており、W.Coのサービス提供範囲は大きく広がっています。

2)研修スケジュール 研修日程表へ

3)定員 25名 指導者数 24名

4)募集方法
・福祉クラブ生協組合員へ申込書配布。7月10日(月)〜7月14日(金)
・ホームページへ募集記事の掲載。希望者は福祉クラブ生協組織部・兼清まで申込書を請求。
TEL:045-547-1400 FAX:045-547-1414
    申込書締切日:8月4日(金)まで

5)研修費用 66,000円
(内訳)・受講料 58,000円 ・テキスト代 6,480円
    ・実習費 1,000円 ・事務管理費 520円

6)高齢者の増大と多様化するニーズに対応した適切な訪問介護サービスを提供するために必要な知識・技術を有する訪問介護員の養成を図る研修です。積極的に受講して下さい。

7)研修カリキュラム 介護職員初任者研修カリキュラムへ

8)科目別担当教官名 講師一覧へ

9)修了評価の方法
(1)技術演習における習得度評価
 「こころとからだのしくみと生活支援技術」の次の項目について、各演習時間 内で技術習得度の評価を行う。チェックリストによりA〜Dの4区分で評価を行 い、A及びBの者を一定レベルに達している者とする。
 E整容に関連したこころとからだのしくみと自立へ向けた介護
 F移動・移乗に関連したころとからだのしくみと自立に向けた介護
 G食事に関連したころとからだのしくみと自立に向けた介護
 H入浴、清潔保持に関連したころとからだのしくみと自立に向けた介護
 I排泄に関連したころとからだのしくみと自立に向けた介護
 J睡眠に関連したこころとからだのしくみと自立へ向けた介護
 M総合生活支援技術演習
 (評価区分)
 A:基本的な介護(介助)が的確にできる
 B:基本的な介護(介助)が概ねできる
 C:技術が不十分
 D:全くできない
(2)全科目の修了時に、1時間の筆記試験による修了評価を実施する。
 次の評価基準によりC以上を評価基準を満たしたものとして認定する。
 A=90点以上、B=80〜89点、C=70〜79点、D=70点未満
(3)通学のカリキュラムを全て出席し、上記(1)及び(2)において認定基準
 を超えている受講者に対し、修了証明書を発行する。

10)実習施設 協力実習機関情報へ

4. 研修実績情報 
年度 実施回数
(回)
参加者数
(名)
年度 実施回数
(回)
参加者数
(名)
平成8年度 1 37 平成19年度 3 61
9年度 1 40 20年度 3 47
10年度 1 37 21年度 3 74
11年度 1 39 22年度 3 65
12年度 2 87 23年度 3 63
13年度 2 81 24年度 3 74
14年度 2 81 25年度 3 53
15年度 2 81 26年度 3 69
16年度 4 106 27年度 3 65
17年度 4 99 28年度 3 26
18年度 4 108      
5. 連絡先

1)申込、資料請求先
研修担当部署 組織部
研修担当者 兼清 明
事務所:横浜市港北区新羽町868
TEL:045-547-1400 FAX:045-547-1414

2)法人の苦情対応
  担当部署 総務部
  担当者 樋口拓也課長
  連絡先 045-547-1400

3)事業所の苦情対応
     同上


福祉クラブ生協主催 2017年度「介護福祉士受験支援講座」を開催します

1. 目的

 厚生労働省は、介護サービスの質の向上のため、介護職員の資格を国家資格である介護福祉士に将来的に統一する方針を打ち出しています。
 福祉クラブ生協では、参加型福祉の理念をもった質の高いサービス提供が行える介護福祉士の育成を実現するため、介護福祉士試験受験者の合格支援を目的に本講座を企画します。

 

2. 日程と内容

1)開講期間
2017年7月23日(日)〜2018年1月14日(日)
 7月にガイダンス、試験対策(勉強の仕方+α)と2講座を行い、介護福祉士の試験日(2018年1月下旬予定)までに、苦手な科目等を受講者が確認でき、復習する期間がとれるようにします。
8月上旬〜12月上旬に7日間の講座と2日間の模擬試験を行います。
1月におさらい講座を4回行います。不得意科目を克服して10点アップをめざします。

2)日程・カリキュラムの詳細については別紙カリキュラム参照
 なお、講座は2冊のテキストに沿って進めます。(中央法規:「2018 介護福祉士受験ガイドブック」)
※7月のガイダンスでは、介護福祉士を受験された方の体験談も語っていただきます。試験対策では、介護福祉士の受験制度、何を求められているのか、勉強の方法、試験の内容等になります。
※模擬試験を基礎編と実力編の2回行います。基礎編は基本的な事項、実力編は実際の試験に近いものになります。筆記試験に慣れることと、自分の不得意な科目を認識し、さらに本人が学習すること、時間配分、チェックの仕方等をねらいとします。
※講師は松沢明彦氏が行います。連続性をもった講義として、試験に直結したポイントとツボを押さえた内容とします。

3. 対象者

1)介護福祉士の受験資格
 介護の業務(訪問、デイ、施設)について3年(1,095日)以上、介護を行っ た日数が540日(1日当りの介護時間数は問わない)以上ある方。この実務経験に加え、「実務者研修」を修了する必要があります。
※受験申込み日までに3年に達していなくても筆記試験前日までに期間・日数が上記の日数以上となる見込みの方は「実務経験見込み」として受験できます。
※2017年度介護福祉士試験(予定)(6月下旬に日程が決まります)
・受験申込提出:2017年8月〜
・筆記試験:2018年1月下旬 

2)2017年度介護福祉士試験 受験予定者

4. 対象者

受講料 51,600円(テキスト・資料・模擬試験代・実務試験模擬込み)

5. 募集人数

20人

6. 会場

「きらり港北」会議室
横浜市営地下鉄ブルーライン 新羽駅or北新横浜駅 徒歩10分

7. 募集締切り

7月10日(月)
※受講希望の方は、福祉クラブ生協・本部 組織部 兼清までお問合せください。
 TEL:045−547−1400 FAX:045−547−1414
 E-mail:a-kanekiyo@fukushi-club.net


福祉クラブ生協2017年度「介護福祉士実務者研修」受講生を募集

1. 福祉クラブ生協2017年度「介護福祉士実務者研修」受講生を募集
(定員に達し募集終了)

 2017年度福祉クラブ生協では、参加型福祉の理念をもった質の高いサービス提供が行える介護職員の育成を実現するため、日本医療福祉生活協同組合連合会が開催する介護福祉士実務者研修に福祉クラブ生協は分校としてスクーリングを担います。
福祉クラブ生協組合員、一般の方へ受講呼びかけを行います。

開講期間:2017年7月1日〜2017年12月31日
学習の流れ、募集要綱をご覧ください。

受講料(テキスト代含む)

ヘルパー2級資格所持者・初任者研修修了者 70,000円(税抜)
ヘルパー3級資格所持者・無資格      80,000円(税抜)

スクーリング研修会場

「きらり港北」会議室
横浜市営地下鉄ブルーライン 新羽駅 徒歩7分

募集人数

15名

募集締切り

5月15日(月)
※申込みされた方へご案内等と受講料の振込用紙をお送りいたします。

問い合わせ先:福祉クラブ生協 組織部 兼清
     TEL045-547-1400 FAX045-547-1414

 

2. 介護福祉士実務者研修 受講生募集!!
 (日本医療福祉生活協同組合連合会)
挿絵

 日頃から介護に興味のある方や、これから介護について学びたいと考えている方々を対象として、研修を実施します。これは、日本医療福祉生活協同組合連合会が開催する研修です。福祉クラブは分校としてスクーリングを担います。
福祉クラブ生協組合員以外の方も受講できます。是非、ご参加ください。

介護福祉士実務者研修とは?

介護福祉士の資格取得を目指す場合、国家試験受験資格に「介護の実務経験3年以上」と「介護福祉士実務者研修」の修了が必要となります。

介護福祉士実務者研修とは?
実務者研修を修了すると・・・

@介護福祉士国家試験受験資格の一つを満たせます(期限なし)
*介護の実務経験3年以上に加え、実務者研修を修了すると介護福祉士の国家試験受験資格が得られます。
*介護経験がなくても受講できます。終了後に介護実務3年を経験することで国家試験の受験が可能となります。

Aサービス提供責任者になれます
*訪問介護事業所で「サービス提供責任者」として働くことができます。

B医療的ケアの基本を学べます
*医療的ケア基本研修と演習(喀痰吸引等)を学べます。ただし実際に医療的ケアを行うときは、さらに「実地研修」が必要です。

学習の流れ
介護福祉士実務者研修とは?

受講期間 2017年7月1日〜2017年12月31日

3. 募集要綱

1.受講料(テキスト代含む) 
ヘルパー2級資格所持者・初任者研修修了者 70,000円(税抜)
ヘルパー3級資格所持者・無資格      80,000円(税抜)

2.日程

介護課程V   医療的ケア
10月1日(日) 10月21日(土) 11月18日(土)
10月7日(土) 11月11日(土) 11月25日(土)
10月14日(土)    

3.スクーリング実施場所:
「きらり港北」−市営地下鉄「新羽駅」徒歩7分

4.定員  15名

5.締め切り 2017年5月15日(月)

※組合員の方で資格取得後、1年以内に、W.Coメンバーとして、福祉クラブの活動に参加する方には、福祉クラブ生協がW.Co参加時に受講料を補助します。

福祉クラブ生協+W.Co補助額

・ヘルパー2級、初任者研修修了資格所持者への補助額
37,800円(税込) 自己負担額37,800円(税込)

・ヘルパー3級資格所持者、無資格者への補助額 
43,200円(税込) 自己負担額43,200円(税込)

また、詳しい内容につきましては、お気軽にお電話ください。
福祉クラブ生協・組織部 担当:兼清  TEL 045-547-1400

申込用紙)PDFダウンロード

申込用紙