新しい働き方をしてみませんか

ワーカーズコレクティブ案内

福祉クラブ生協とワーカーズコレクティブ

 福祉クラブ生協は「措置、施し」の施設福祉から、住み慣れた地域の仲間と最後まで住み暮らし続けるための「在宅福祉支援システム」づくりを進めています。
 そのための活動のテーマを
●宅配による共同購入システム
●健康・医療ネットワークシステム
●ケア付き高齢者住宅及び福祉施設ネットワークシステム
としています。
 ワーカーズコレクティブ(以下W.Co)は福祉クラブと双務契約を結び、このテーマに沿って暮らしやすい地域づくりを進めています。

ワーカーズコレクティブって何?

 私たち生活者、市民が持っている生活技術や文化と経験を活かし合いながら、自らが住み暮らす地域社会の中で協同して働く、雇用労働ではないまったく新しい「働き方」のことを言います。
●事業に必要な資金は、参加する全員が出資します。
●組織の運営は代わり合いながら、全員が参加します。
 福祉の分野においては、W.Co(ワーカーズコレクティブ)が参加型福祉の実践者として、地域社会に息づくことによって、市民の多様な福祉二ーズに対応し、たすけあいを広げることを可能にします。また、W.Coに参加する一人ひとりは、自分の生き方や価値観を反映させながら、新たな発見や自己実現の場を得ることができます。
 このW.Coの働き方がコミュニティワークです。

善意・時間・特技を生かして(福祉クラブのボランティア)

あなたもコミオプサポーターに

 地域にはちょっとした善意や特技を社会に役立てたいという大勢の人たちが点在しています。自分たちの気持ちを社会参加として地域の最適福祉の充実をめざすワーカーズコレクティブに参加できなくても、コミオプサポーター(ボランティア)になることはできます。
 地域の多種多様な福祉ニーズに対して、専門家、ワーカーズコレクティブ、コミオプサポーター(ボランティア)の三層構造のたすけあいが存在することで、たすけあいのネットワークがひろがり、地域のたすけあいが進みます。あなたの善意・時間・特技をコミオプサポーターに使いませんか。