センター業務W.Co

共同購入の消費材の「集計」「組み込み」等、各配送センター内での業務を行なっています。

事務作業イメージ

おもなワークは「仕分け組み込み」「申込用紙の集計」「組合員対応事務」です。注文されたものが間違いなく組合員へ届くよう細心の注意を払っています。
(W.Coとは一人ひとりがいくばくかのお金・知恵・労力・時間を出し合い、多様な働き方で参加、メンバーの話し合いで運営しています)

わたしたちは

 健康に暮らし続けるための基本は「食」。素性確かで環境にも配慮された消費材の安定供給は在宅で暮らし続けるための基礎となる個々人の健康を支えます。
 福祉クラブの中でもっとも多くの方が利用できるサービスとして、安心・安全な食材や日用品の宅配による共同購入システムを世話焼きW.Coと連携して支え、センター内での業務を集中的・効率的に担っています。

W.Coくるみ 電話045-561-3030日吉センター内
W.Coさくら電話0467-48-3955鎌倉センター内
W.Co花みずき電話044-977-0705初山センター内

ワーカーズコレクティブの活動紹介

組込み部門

申し込まれた消費材を組み込んでいきます

 明るく元気なメンバーが組合員に届ける消費材を通い箱に「組込む」仕事をしています。
 朝仕事は当日配達する冷蔵品やパンの組込み。 職員や宅配ワーカーの出発に間に合わせるための一番忙しく緊張する時間です。その後は翌日配達するドライ品、冷凍品の組込み。 「早く・正確に・美しく」を心がけています。
 また、週に一回会議を開いて作業や消費材の事など話し合い、コミュニケーションを図っています。

■Mさん(40代、ワーカー歴8年)
 今は夕方まで働いていますが、子供が小さい頃は、子供に合わせた時間帯だけ働くことができて、助かりました。何より良かったことは、いろいろな学習会に出る機会に恵まれて、“食の安全”に関する知識が身に付いたことです。

■Tさん(ワーカー歴9年)
 組み込むときは間違えないように真剣です。休み時間は「食」や子育て、親のこと、趣味など話の種は尽きません。世代を超えて知り合いが増え視野が広がりました。助け合える楽しい仲間がたくさんできました。

集計部門

風船で飾られた福祉車両

 申込用紙の入力作業、配達、集金に必要な帳票のプリントが主な仕事です。
 日々の入力作業は、間違いなく組合員に消費材が届けられるよう集中して行なっています。が、休憩時間は打って変わってにぎやかになり、情報交換や共育の場となります。ほとんどのメンバーが居住の行政区で世話焼きW.Coや福祉事業のW.Coに所属し、活動していますのでいろいろな地域の話を聞くことができ、刺激し合い向上していくことができます。

■ワーカー歴3年 Bさん
 ワーカーをしているママ友が、「急に子どもが体調を崩しても、皆が替わり合って仕事を引き受けてくれるから安心して休めるんだよね。福祉クラブのそういうところが好き。」 と話しているのを聞き、気付いたら自分もワーカーになっていました。自分のペースで無理なく働ける福祉クラブは子育てママにとってなかなかグーな環境です。

事務部門

事務

 センター業務W.Coの3部門の一つに事務があります。
 電話対応、現金管理、加入・脱退など組織関係事務、入荷検品・伝票照合等々、これらの作業を担当しています。
 各々の作業は落ち着いてできるのですが、緊張するのが電話対応です。「福祉クラブにはどんなサービスがあるんですか?」「おすすめの消費材を教えてください」「今月の共同購入代金はいくら?」など組合員や、それ以外の方からさまざまな電話が入ってきます。
 福祉クラブの顔として日頃から勉強会に参加したり、メンバー間で課題を共有したりして、知識の引き出しを増やすよう努力しています。

その他

その他、センターにより作業は異なります。
丁合い…丁合い機による申込書、カタログ類、機関紙、ニュース等のセット
印刷…組合員全員に配布するニュース等の印刷
DC…生産者からの直入荷品の検品、センター別仕分け、積み込み、在庫管理
〈働き方〉
 働く時間・曜日は、家庭・学校行事などを考慮して、メンバーみんなで協力してローテーションを組んでいます。